画像認識AI×IoT技術

通行量調査自動化IoTソリューション

最新技術を搭載|高い計測精度によるデジタルソリューション

AIやIoT技術で社会実装を推進しているIntelligence Designの画像認識AIを搭載したIoTカメラソリューション(IDEA counter)を活用し、通行量調査や入店客数(来店客数)調査を自動化≒低コストで実現します。
AI搭載IoTカメラを調査したいポイントに設置していただき、給電するだけで通行量調査を自動化します。物件前の通行量や商店街の流動、商業施設やインテナントといった屋内店舗の流動など、トラッキングで収集したデータを利用して、より効率的なマーケティング実現のためのご支援をいたします。

「IDEA counter」

「IDEA counter」サービスの特徴
導入が簡単 調査コストが安価 通行者の個人情報に配慮 長期間/ブレが少ない計測が可能
通信機能(SIM付)を搭載した端末を提供いたします。そのため、ネットワーク関連の準備が不要となります。給電するだけでエッジコンピューティング端末が起動し、データを取得する準備が完了します。 人数カウントを行う処理を端末側で実施します。そのため、伝送データを最低限にすることでご提供コストを抑制しています。 人数カウントの処理をを端末側で実施することで、通行者の顔画像などをサーバーに保存しない仕組みにしています。 機械による調査とすることで、従来では難しかった長期間の計測を実施します。また、従来の人的な調査で起こっていた調査者起因のブレが生じない計測が可能となります。

 

活用事例

テナントビル前の通行者数を定点で自動計測(宮崎ビル様|神宮前)
◆導入の目的
神宮前(明治通り沿い)の好立地な場所ということもあり通行者の数は多いが、どのような人がどれくらい通っているのかを把握することは、今後のテナント施策やテナント誘致、また広告の設置など、収益性を上げていくうえでも必要であり、ビルの価値にも直結すると考え、このサービスを導入。
◆設置の概要
明治通りに面するビル前の通りを見渡せる位置に「IDEA counter」を設置しました。
カメラで撮影した映像はエッジコンピューティングによって解析し、通行者の人数を計測断面(画角)に従い方向別に集計しております。数値情報は管理サーバーに転送しますが、認識した顔画像はサーバーに通信せず、カメラ内でデータを処理後、除去する仕組みとなっております。 日々の計測した結果は、お客様のPCにおいて専用の管理画面上で確認することができます。また、専任のリサーチコンサルタントがデータのトレンドを定期的ににとりまとめてご報告しております。
◆ビルオーナー様コメント
ビルテナントに寄与する通行量を可視化することでビルのバリューアップにつながるIOT端末によるソリューションであり、大変期待しております。
その他の事例
メディア発表