コラム

「消費者の声」とそのウラ側

現代では消費者のニーズが多種多様となり、マーケティング手法も細かく枝分かれしています。

 

こと、デジタルマーケティングの領域においては、AIやアルゴリズムの進化から、リターゲティング広告に代表されるように、
個人的な側面へのアプローチを強めています。

一方、消費者側では「デジタルデトックス」という考え方が近年登場し、乱立する情報(インターネット)から
適切な距離を保とうとする流れも起きています。

 

このようにサービス提供者も消費者も情報・手段の取捨選択をするべきだ、ということはどなたもお気づきかと思います。

 

さて、マーケティングにおいて、何時の世も重視されてきたのが「口コミ」であることは言わずもがなでしょう。

例えば、とあるテーマパークに母親と小さなお子さんの親子連れが来園したとして、その来園理由が「ママ友にお勧めされたから」
ということはよくあるお話です。

 

ここでぜひ知りたいのが、「ママ友に何をお勧めされたのか?」「お勧めされて、なぜ自分達も行こうと思ったのか?」等ですね。
「休憩場所やフードコードが広々としていて、子供の面倒が見やすいと聞いたから」であれば、施設のハード面が評価されているので
その品質保持を今後も検討する必要がありますし、
「特に理由はないが、友達が良いというのなら行ってみたかったから」ならば、テーマパーク側にとって次の一手を打つ指針となり得ます。
例えば、ユーザー同士のコミュニティをSNS上に展開し、お互いの交流を促す場を設けることで、新規ユーザーの来園キッカケに繋がるかもしれません。

このように消費者の声には次のサービス展開のヒントが隠れており、アンケートやSNSなどのデータを分析を行うための
リサーチを行うことがヒントを掴む第一歩となります。

一覧へ戻る