街頭調査

 フェイス・コム 街頭調査の特長と強み

街頭調査は、調査テーマに適した場所(主には路上)で対象者を選定して行うアンケートとなります。対象者がすぐに回答でき、単純で明快な調査に用いられることが多い調査手法となります。 実際に来街した人へのアンケートであるため、調査目的に合致するピンポイントなターゲットを絞り込むことが可能で、かつリアリティある回答を得ることができます。
フェイス・コムでは、調査のテーマごとに適したスタッフを配置することで、精度の高い情報を得ることができます。渋谷や新宿といった情報発信地の代表とされるようなエリアでは、新商品を効果的に訴求するためにプロモーションとアンケートを併用することで、その効果を同時に測ることができ、マーケティングや新商品開発に活かせる情報をすばやく収集することができます。
また、インバンド需要による訪日外国人向けの調査では、外国語ができるスタッフの用意も対応しております。

 街頭調査に適したテーマ

実際の商品を見て評価をして欲しい調査、エリア限定で行うような調査など。

 主な実績

不動産企業
●課題・目的 商業ビルにどのような業種・業態のテナントを入れるかを判断するための資料として消費者のニーズを探りたい。
●調査対象 周辺居住者と来街者
●調査方法 街頭調査
●サンプル数 200s ※ターゲットを把握するために性別・年代を均等に割り付けてサンプリング
●得られた効果 来街の目的や周辺の店舗・施設での購買状況を把握することで普段の買い回りの状況を確認できた。 また、不足していると思う店や施設を聴取したことで周辺に足りない業種・業態が明らかになった。
コンサルティング企業
●課題・目的 銀座エリア来街者の利用行動を把握することで、その街のマーケット状況=トレンドを探りたい。
●調査対象 銀座エリアの来街者
●調査方法 街頭調査
●サンプル数 300s ※世代のトレンドをウォッチするため性別・年代を割り付けてサンプリング
●得られた効果 世代毎で来街時の行動パターンや消費金額、好きなブランドやショップなどが把握することができ、 次のアクションへのデータとして活用できた。
情報サービス企業
●課題・目的 渋谷エリアで展開するサービスのコンセプトを消費者に呈示・理解させることで、そのコンセプトの受容性 を確認したい。
●調査対象 渋谷エリアの来街者
●調査方法 街頭調査
●サンプル数 200s ※仮説ターゲットとなる性別・年代を割り付けてサンプリング
●得られた効果 ロイヤルティの高い顧客層の利用動向が分かったことで、その層を繋ぎ止めていくためのヒント、また拡大や多店舗展していくにあたっての具体的施策を検討する基礎データとなった。
スポーツクラブ企業
●課題・目的 スポーツクラブ施設を他のエリアにも展開するためのマーケティングとして、候補地として挙がっているエリアの周辺住民のニーズや受容性を知りたい。
●調査対象 候補地周辺の居住者
●調査方法 街頭調査 ※流動性が多い場所(最寄り駅など)にて居住者をスクリーニングして実施
●サンプル数 200s ※ターゲットとなる年代を割り付けてサンプリング
●得られた効果 当社スポーツクラブの認知状況や周辺住民のスポーツクラブに対して意識、ライフスタイルから見たスポーツクラブ の位置づけなど多くの課題を読み取ることができた。
相談は無料
メールでのお問合せはこちら