代表のご挨拶

フェイス・コムのホームページにアクセス頂きありがとうございます。

いま社会を取り巻いている環境は、驚くほどのスピードでデジタル化が進んでおります。特に近年においてはデジタルデバイスの普及が一気に進んだことで、消費者のニーズや価値観の多様化、効率性や利便性を求められ、ライフスタイルもさらに複雑化したように感じます。

このような時代において、企業のマーケティング活動もこのデジタルデバイスの普及によってもたされたコミュニケーションツールで効率性の高いマーケティング手段を取り入れることが出来るようになりました。企業にとっては今やこのコミュニケーションツールがマーケティングをしていく上での生命線となっている企業も少なくありません。
多様化と複雑化したライフスタイルの中で消費者が求める商品やサービスを企業が提供しつづけていくためには、コミュニケーションツールによって得られる情報を整理し解析していくといったマーケティングの重要性は日々高まっております。
一方で、その消費行動や消費マインドがどうであったかといった「真のコミュニケーション」は、直接的に消費者と向き合うことこそリアリティある情報であり、消費者のニーズやウォンツの把握に後押しするマーケティングデータとして大きな意義を持ちます。

私たちフェイス・コムは、社名が表すように 「face to face communication」に由来しており、消費者や生活者の「顔」が見えるマーケティングリサーチを軸に社会に貢献してまいりました。2005年の創業から大きな節目となる10年を越え、これまでのノウハウを体系化し、”デジタルの良さ”と”リアルの良さ”を上手く利用しながら、お客様が抱える課題に合わせたマーケティングサービスを提供して参ります。

私たちは、常にお客様と向き合い、最適なサービスを提供するとともにコンプライアンスを重視し、皆さまから必要とされる企業を目指してまいりますので、今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 フェイス・コム
代表取締役 谷口 一晃