ホーム > ビジネスを成功に導く様々な市場調査 > 顧客満足度調査は実施のタイミングを見極めよう

● 顧客満足度調査は実施のタイミングを見極めよう

● 企業や商品に対する顧客の気持ちを知りたいなら顧客満足度調査を行ってみよう 企業で販売する商品の価値を決めるのは「顧客」です。
性能がどれほど優れていても、顧客が良い製品だと認めなければ好調な売り上げを見込むことはできないでしょう。
購買意欲を誘うためには、「この商品を買ってよかった」「この会社の製品なら安心」
という満足感をしっかりと高める必要があるのです。
顧客が商品や企業に対して抱えている今現在の気持ちを知りたいのであれば、「顧客満足度調査」を実施してみると良いでしょう。
企業側からは見えない部分のフィードバックにつながることも期待できます。

● 顧客満足度調査を行うタイミングを考える 顧客満足度調査を実施するときには、調査時期をいつにするのかタイミングをしっかりと見極める必要性があります。
例えばある新商品に対する使いやすさはどうであるかという反応を得たいのであれば、
発売から間を置かず直後に実施しなければ意味がありません。
なぜならば人が商品に対して感じる評価の性質は、商品を使って行くに従って徐々に変化して行ってしまうからです。
買ってすぐの使い心地はどうか、一年経ったときにはどう変わっているか、企業側が何を聞きたいのかを明確にしていなければ、
まったく要領を得ないアンケート結果になってしまうことも考えられるでしょう。
顧客満足度調査は、企業にとって一番把握したいデータを得やすいタイミングで行わなくてはなりません。
「今、知りたいことは何なのか」を精査してアンケート製作に臨みましょう。

● 顧客がアンケートに協力しやすい時期を狙いましょう 顧客満足度調査の結果をいつまでに得たいという方針が固まったら、
そこから4ヶ月前程度にはアンケートの事前準備を完成させておきましょう。
無理のない運用計画を立てることが、アンケート内容の充実にもつながります。
盆前や年末など、企業も顧客もあわただしい時期には実施を避けることが無難ですから、
重ならないよう注意を払ってタイミングを決めましょう。

お電話はこちら  03-5351-5930 営業時間 平日 10:00~18:00

お問い合わせはこちら

PAGE TOP