コラム

売り場主体のフィールドマーケティングに見る顧客満足度調査の手法

フィールドマーケティングで改善点が見えてくる

より良い店舗運営をしていこうと思った場合、しっかりとマーケティングをすることは大事です。店舗を運営していると、時には顧客に対する調査が必要になることもあるでしょう。
フィールドマーケティングとは、名前の通りフィールド(現場)を中心に調査・分析を行なうことです。どういった理由でお客さんが来ないのか、どんな層のお客さんが何人くらい、どこから来ているのか、また一人当たりいくらくらいの金額を使っているのかなどを調査します。
こうしたものは、顧客満足度調査、実際に売り場で行うアンケート調査のほか、そして売り場のスタッフには内密で行うミステリーショッピングなどの覆面調査、お店の近隣の交通状況調査などがそれに当たります。こうした調査をすることで問題点が露わになり、改善策を練ることができます。
部分的なマーケティング調査だけの依頼ではなく、トータル的に業者に調査を依頼をすれば、より高い効果を挙げることができるでしょう。

調査で意外な一面が見えてくる?

フィールドマーケティングをすることで、自店舗の意外な一面が見えることがあります。問題ないと思っていた部分に関して、数多くの問題点が露わになったりします。顧客満足度調査などを駆使することで、自分達では気づけないことに気づかされるわけです。
顧客満足度調査そのものにしても、自店舗だけで企画して行うと、独りよがりになったり、見落としがあったりで、現状を正しく直視できずに終わるという危険があります。
そこで調査を専門業者に依頼すれば、より公正で正確な調査が実施できるので、調査結果の信頼性が飛躍的に向上します。各店舗間の競争が激しい昨今は、フィールドマーケティングの手法を用いた調査は多くの企業や店舗で頻繁に行われ、現場に活かされています。
必須課題である売り場改革の心強い味方として、フィールドマーケティングの重要性は今後いっそう増すでしょう。


一覧へ戻る