コラム

エリアマーケティングによる顧客満足度調査で地域特性を把握

エリアマーケティング無しでの進出はリスク大

昔は、新しく店舗を出す際に、直感で出店する例もありました。しかし現代では、しっかり調査を行った上で、進出する場所を決めます。これをエリアマーケティング(商圏分析)といいます。

例えば、レンタルビデオ店が狭いエリアに2軒あると、成功する確率は下がります。そういったリスクを事前に知るためにも、エリアマーケティングはとても重要なのです。店舗オープン後も、定期的に顧客満足度調査を実施して改善を繰り返すのが普通です。
そして2店舗目以降を新たに出店するような場合は、既存店の顧客満足度調査からヒントを得られるでしょう。そのヒントをうまく活用して進出するのが得策だと言えます。

こういったマーケティング活動は、様々な業種の多くのケースで実施されています。調査コストはかかっても、オープン後に地域特有のデメリットを知るよりは、はるかにリスクが低いでしょう。

地域特性の把握が強みになる

地域には、それぞれに特有のカラーがあります。飲食店を例にすると、A地域では濃い味が人気だが、B地域では薄めの味が好まれる、といった特性を事前に把握できると、無駄のないメニュー開発ができます。
こうしたことを後から知るのでは、時間と労力のロスが生じ、様々な面で機会損失を招くでしょう。

地域特性を分析すると、絶対に知っておくべきこと、知っておくと役立つことなど、商売に欠かせない情報がたくさん詰まっていることが分かります。売上に大きく影響しなければ問題はありませんが、把握していなかったことで顧客が他に流れるなどで、店が存続の危機に陥る場合もあるかもしれません。

新規店舗を成功に導くためにも、エリアマーケティングは欠かすことはできません。また併せて顧客満足度調査も定期的に行うべきでしょう。実際に顧客満足度調査を行っている店舗と、そうでない店舗では、必ずと言って良いほど前者が素晴らしいサービスを提供しているものです。


一覧へ戻る