コラム

フィードバックを見据えた顧客満足度調査のスケジュール

事業の方向性を決める指標ともなる。顧客満足度を調査しましょう

顧客満足度調査は、企業がリサーチ戦略を練る上で非常に重要なファクターの一つです。
事業のより良い方向性を模索するために、「顧客アンケート」の実施を行ってみましょう。それによって企業体勢に潜む思わぬ問題点や改善への足がかりが見つかることもあります。
いつまでに回答を得たいという希望があるなら、それに沿って計画的なスケジューリングを行いましょう。

顧客満足度調査を行う前には綿密な計画を立てる

顧客満足度調査を行うに当たって、まずしなくてはならないことは実施期間を決めることです。
活用内容にもよりますが、アンケートを配ってから回答を締め切るまでの間は、おおよそ2~3ヶ月のスパンと考えるのが一般的となっています。
集計や分析、報告書の作成にかかる時間も鑑みるのであれば、プラス1か月程度の余裕を持って予定を立てておくと安心でしょう。
顧客満足度に対するデータが必要な日時が先に分かっているのであれば、そこから逆算して考えればおおよその検討がつきやすくなるでしょう。準備期間を十分に取ることで充実した調査を行うことが可能となります。
アンケートが社内に戻りはじめるころになって焦ることがないように、実施期間の決定は、慎重に行うことをお勧めします。

目標のアンケートプランが定まったら「アクションプラン」を立てましょう

アクションプランとは、立てた目標を達成するまでの計画や工程を示すものです。メンバー同士で内容を共有すれば、現在の状況や今後の動き方を共有することができるでしょう。いつまでに何をしておくべきか、何が必要かなどをしっかりと書き出して、アンケートの実施に役立てることが大切です。

顧客満足度調査で得られる情報は、カスタマーからの貴重なフィードバックとなり得ます。しっかりと事業内容に反映させることで、良い効果を見込むことができるでしょう。


一覧へ戻る