コラム

「新しくお店を出したい!」店舗運営を成功に導く、新規出店調査

企業の今後を大きく左右する新規出店。大きなお金をかけて、新たな場所に挑戦するのであれば、
「絶対に成功させたい!」と考えるのが普通でしょう。そんな新規出店に必要不可欠なのが、新規出店調査です。

「自分たちがターゲットにしている客層が候補物件前にいるのか」
「そもそも人通りは少なくないか」
「周りに競合する店舗があるか」

このようなデータを事前に知っておくことが成功への第一歩となります。

 

通行量調査はただ数えるだけではなく、商品・サービスに合ったものを

一般的に新規出店調査では通行量調査がひとつの判断材料として用いられることが多くあります。
性・年代別だけでなく、より明確にターゲット層を把握するには業態別(社会人、ファミリー、友人等)で計測するなどカウント調査の方法は多様です。
プロのリサーチャーに相談することで、自社のサービスや商品に合った調査方法を提示してもらえるため、「ファミリー向け」「グループ向け」など
細かなターゲット像を把握し、自社に合った計測区分を擦り合わせるとより的確で新規出店に活かせるデータとなるでしょう。

知るならまず周りから!周辺情報の調査が活きる

新規出店調査においては周辺情報の収集も大切です。
入店客数調査でライバル店の動向知ったり、対象エリアの住民層や来訪者層を把握することができるためです。
「ライバル店はどのような人が利用していて、客足はどれくらいか」「どのような人が住んでいるのか」「どのような人が訪れているのか」
このように情報と情報をかけあわせることによって、新規出店や店舗運営の礎となるデータが作り上げられていくため、小さなことでも
見逃さないことがポイントです。

データを活用できるかどうかはあなた次第!

新規出店調査において通行量調査や入店客数調査などは一例でしかありません。
しかしながらひとつひとつの調査がシンプルであるが故に、活きたデータにできるかどうかはいかに調査の意味を理解し、データを読み解いたのか
にかかっています。
「ここで大丈夫だろうか」と不安を残すのではなく、「ここなら大丈夫だろう」と確信を持てるような意思決定を支援する調査設計が重要です。


一覧へ戻る